FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【コラム】ヒプノを受けると「慢性的な恐れ」が軽くなる理由

しもんです、こんにちは☆

メルマガ書いてまして
死について、思うところありブログに書きます。


● ヒプノセラピーにより「恐れが軽減される理由」について

よくヒプノを受けると、
   スッキリした
   リラックスできた、とか
   心地よかった
   インナーチャイルドが癒せて、安心感が得られた

とか、色んな効果がありますが


「慢性的な恐れ」が軽減されることもあります。



そりゃなぜかと言うと・・・


「恐れ」の根本を探ると「死の恐れ」に繋がっているので

イメージの中で死を体験すると
死への恐れは軽減し、

結果「恐れ」そのものも軽くなるからのようです。

恐れ=死の恐れとは

死生観で有名なエリザベス・キュプラー・ロス博士が
語ってます。


誰しもなからず至る「死」


時々若い人の中でも
「孤独死」や「誰も看取ってくれない死」を
怖れていたりしてビックリするけど


前世療法で、一度死ぬと(ってへんな言い方ですが)
その捉え方も変わります。


例えば前世で

ジャングルで餓死する場面でも、
家族を思いながら「幸せな人生だった」
と話している人もいました


戦争に駆り出され、前線に突入しながら
「仲間いることが喜びだ」
と撃たれて死んでいく人もいました


ストリートチルドレンとして育ち、
粗末な家の中での孤独死で
「自分の力で家まで持てた、なんと満たされた人生」

って、語っていたり。
本当に前世の一生ってそれぞれ。


逆に
平穏で長生きな人生の、老衰での死であっても
「つまらなかった・悲しい人生」

と捉えた死に方もありました。


前世療法で「死んでみる」と
死生観が変わり、生を今を大切にするのかもしれません。


ちなみに、私の前世の死は
自然死や、病死もあれば絞首刑・自殺などもあり
バリエーション豊富

だから、死ぬことはさっぱり怖くないです。

それよりも
死ぬまでに、「人の命を輝かせる」使命を全うできるかとか、
どれだけ自分が高められるか、とか

そっちが重要。
これもいっぱい死んでいる(前世でね)おかげです☆


7月28日配信のメルマガで配信する前世は

「野垂れ死に」だったけど
とてもキレイな光景でした


ぜひ読んでみてくださいね☆


シモン☆ヒプノセラピー

営 業 : 不定休(完全予約制) / ご予約は⇒カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2 リーヴァストゥーディオ丸の内701号

● メールマガジンご登録⇒ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
● ホームページはこちらです⇒ シモン☆ヒプノセラピー

ご予約・お問合せはお気軽にどうぞ 090-1725-5587  しもん


関連記事

| コラム | 14:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT