FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悲しみの果て

前回、ネガティブの解放として
ブログに書いてみたけれど

はて、私の悲しみはどうなっているのかと

自らの意識の奥を探索してみると


尽きる事のない悲しみを見つけ
あまりの根深さに

動けなくなって
寝込んでました


2014022811240000.jpg
娘ちゃんがくれました


この悲しみ(怯え)は
誰にもあるものの気がして


では、なぜ誰しもあるのだろう?
手放さずに持っているのだろう?


・・・と、自分に意識を合わせてみると


腹のずっと奥、丹田の辺り
嫌な疼きの奥で



ひざを抱えてうずくまり
ぶるぶると震える自分を見つけました。



共感して向き合おうとも
とても手ごわい


いくら共感しても
悲しみは溢れてきて


何日も何度も向き合ってみても

話を聴こうともせず
外に目を向ける気配も無い



そんな事をしているうちに

ダウンして
昨日寝ていたのですが。



寝こみながら気付いた事。



この悲しみ(怯え)の元は、
原始意識のようなもの


魂の集合体から人間として生まれてくる時に
みんなひとつの状態から、バラバラの個に分かれる


一体だった安心感から
一人になり、
孤独が生まれ、不安、怯え、悲しみが生まれる


みんな経験する事
だから、誰しも持っている。




もしかしたらこの悲しみは、

他者と繋がるために
わざと残しているのかもしれない


一人では生きていけないように
わざと残しているのかもしれない


だから癒しきれない


この悲しみがあるから

ぬくもりを求め、愛情を求める
思いやり、優しさを求める


それを得ようとして
与えられる人間になる事を目指す

だから悲しみを残しているのかもしれない



恋したり、愛したり、慈しんだりして

傷ついて、傷つけても、また、人を求め
叶わないと分かっていても強烈に引かれる



悲しみの解放とは・・・

結局、悲しみを抱える自分とともに、
それでも生きていく、という事


そんな姿は本当に美しいと思う
魂が輝き、人となりが外に現れてくるのだと思う


やはり、解放とは受け入れる事なのだろうな~。


2014022811130000.jpg
大泣きしてもらえるように、サロンのトイレに色々置いてみました










シモン☆ヒプノセラピー


関連記事

| 雑記 | 12:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT