FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リンゴをあげていこう

先日のセッションは

私と前世でのかかわりがあった方。

時間は縦でも横でもなく、愛でした


私が前世のひとつでドイツ軍の将校だった時
収容者(まだ少年)にいたことがある方。

この1年という節目の時
またセッションを受けに来て

勇気を持って
私との前世をさらに深く感じてくださいました。


あなたのその愛と許しのもと

ヒプノセラピストである事に意味を見出すことが出来ます。

ありがとう。




コレは、セッションから私が感じた「前世の私」の感覚として

たとえば、 そのときのわたしは・・・

軍人として、出世欲と豊かな生活を望んでいて


家族を思い、
出世を願い
責任感もあり、
不穏な情勢の中で
残虐な光景が日常となるうちに
心を亡くして
ただ流されるままに生きていたとして


人生の不運をまともに受け
でも抗うことなく
恐怖や残虐さに慣れようと不器用に生きる
金網の中に収容される

一人の少年を見た時に

似たものを感じて


こっそりリンゴをあげたのかもしれない。



助からないとわかっていても
リンゴをあげたところで
それは自己満足でしかないと判っていても。



愛の行為なんかじゃない
リンゴをあげたのは、

私の中の心の隙間をただ埋めたかっただけなのかもしれない。

自己保身から
逃がすこともせず、ただ見届けた。

見放したんだ。

いや、もっとひどい
見なかった事にしたんだ。




でも、

リンゴをあげたのは

愛ではなく
不安からくる行動だったとしても
気まぐれの行為だったとしても


ガス室で死んでいったその少年は



リンゴを受け取ったことの感謝に


私に大切な事を伝えに
同じときに生まれ変わって
勇気を持って

私に会いに来てくれた。


私にも人間らしい心が会った事を教えに来てくれた。


私がしただろう、ちっぽけな慈悲らしききもの。

そんな小さな出来事でも
その子にはとても大きな感謝となったのかもしれない。


教えてくれてありがとう。
ほんとうにありがとう。


愛と許しは時空を超えて
すべては必要な出来事となる。感謝となる。


だからこそ
私には


私には、今しなきゃならない事がある。


愛を持って、今リンゴをあげていこう。



リンゴとは、その人が生きて行くためのチカラ



教えてくれてありがとう。

関連記事

| 雑記 | 22:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT