FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワンネスグループの家族会

【世間体を超えて】

先日ワンネスグループの家族会に参加してきました。

ワンネスグループとは、
薬物・ギャンブル・アルコールなどの依存症の回復施設。

そのご家族向けの会が、毎月1回開催されていて

大切な人が施設に入っているご家族だけでなく
入所を考えていなくても、検討中でも
依存症のご家族は参加できます。

私のような支援職(カウンセラーやセラピスト)も
勉強のために参加を受け付けてくれてて

施設の職員も、参加のご家族もとても好きで
出来る限り、行かせて頂いています。

onenes1.jpg



先日の内容をレポート形式で書かせていただきます。

当然守秘義務厳守なので、
特定出来るような内容は出しません。


今回のテーマは「世間体」について。



依存症には犯罪が関わる事も多くあります。

違法薬物やら、窃盗やら横領やら。

当事者が起こした出来事や事件に対して、
家族は悲しみ、怒り「世間体」に怯えて閉鎖的になりがち。

実は、わたし自身も過去10年くらい
世間体を恐れて隠れていたことがあるので、
得体の知れない怖さはわかります。


その実態が曖昧な「世間体」に
皆さんがどう向き合っているかをそれぞれシェアし、
世間体がいつ出来て、自分が気づき変えるためのワークをしました。

ワンネスのカウンセラー片桐さんの繰り出すワークは
ロジカルだけど体感型で、

ペアの方も「こんな事はじめて話します」と心を開いて話してくださって
さぞお辛かっだと思いますが、今やとても明るくなっていらっしゃる。

ワークではたしかに偏見(見方)が変わったので、面白かったです。


世間体のシェアでは、

ワンネスに関わりだした事で、
毅然とした態度で依存症の息子さんや

世間体と向き合われたお父さんの体験談を聞きました。


恥を超え正直に周りに話し、動いたことで、
全ての状況を変えようとしていて、
地域すら変わりはじめてるとのお話。

名古屋の施設長の池田さんが驚きながら嬉しそうに頷いていて、
それはそれは優しい顔をされていました。

たくさんの愛、恩恵に思わず泣きそうになったけど

それは他の参加者さんも同じようでした。

参加者皆さんの置かれている境遇は違うけど

みんなが誰かの苦しみに胸を痛め、
勇気に喜び、笑い、共に成長しあっている。


誰か(息子さんが施設に居る?お父さん)が仰っていました。

最初、家族会は傷の舐め合いとか、
こっちの方がマシとか比較し合う会だと思っていたけど、
本当は違う。

真剣に家族を想い、
正直に人生に向き合っている人達の集まりで、

世間体や偏見、不安も色々も有るけれど、
乗り越えながら向かっていける、

凄くいい場になっている、と。


家族のトラブルは、長い苦しみを強いられ、
自分を見失いがちだけど、

向き合う事で「成熟」というステキな形になっていくのかも知れないって思います。


今回ももとても美しい光を見ました。

それがどんなものより綺麗だから、また来たくなる♪

onenes2.jpg








 

シモン・ヒプノセラピー
ご予約 : カレンダー ⇒予約フォーム
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2
リーヴァストゥーディオ丸の内701号
●メルマガ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
●ホームページ シモン・ヒプノセラピー
●本 生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック

関連記事

| 雑記 | 00:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT