FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

喪失のレッスン

ヒプノコラム「№21喪失のレッスン」更新しました

誕生があれば死を迎えるように
大なり小なり私たちは喪失を経験して生きています

喪失とは
永遠のときもあれば、一時的なときもあって

死や失うこともあれば、別れや変化も喪失。

でもその喪失に向き合うとき

時間がかかろうと
もがき苦しもうと
さらに多く喪失しても

私たちは成長を遂げることが出来ます

そういうもの。
ただ、そういうもの。


死と深く向き合うことは
恐れと向き合うこと

死の正体を知り、恐れと向き合うと
人は恐れるものなど何もなく

失うものなんて何もないんだ
という真理を知り


その真理からは

今世は余りに短く

自分らしく生きるのに遠慮する必要なんて
何も無いことを知らされます


ライフ・レッスン (角川文庫)ライフ・レッスン (角川文庫)
(2005/08/25)
エリザベス・キューブラー・ロス、デヴィッド・ケスラー 他

商品詳細を見る


ありがとうございました

シモン☆ヒプノセラピー

| コラム | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大喧嘩

私のヒプノ体験 その17「インナーチャイルドに会いに行く」アップしましたよ

2013062222410000.jpg
サロンにドリンクコーナーが出来ました。
引出しの中にはいろんな飲み物が入っていましてなかなか機能的。

2013062222420000 (1)
IKEAで買ったのですが
組み立て家具なのでこんな失敗も
あちゃ☆


最近、自分を超えていく時な気がしておりまして
こんな時は子供の自分が急に出て来て
わちゃわちゃになります。

ま、これも意味があるのだと
冷静に受け止めつつも
対処(後始末)につとめています。


先日、母と大喧嘩しました。

何気ないきっかけだったのですが
喧嘩の時ってやつは、思っても無い事やら
ぐっと胸にしまっていた事やら

口から出てくるものです。


「なによ!高校の時、お弁当1回しか作ってくれなかったじゃない!!」


・・・って20年以上前の話を引きずり出して怒っていました(汗)


このとき私は

高校生の私の心の叫びに驚き

同時にちゃんと母に伝えられた自分を
誇らしく思ったりもしました。


そのまま車に乗り込んで
名古屋までの道中、泣きながら

ちゃんと言えたね~
いいんだよ
がまんしなくていいんだよ。
だって、いつも寂しかったもんね~。

と、自分で自分を慰めていました。


高校生の自分が
母に反抗した事を後悔し
罪悪感を感じている気がしたからです。


子供はどんな親でも、親が大好きで
その大好きな親(母親)から愛情を感じられないと

「自分が悪いんだ」と
「自分さえ我慢すれば」と

迷惑を掛けちゃダメだ
助けてあげなきゃ、支えなきゃと

救済者の役割を担う時があります。

本当に苦しいのは自分なのに。


私が役割を捨て、
本当の自分を生きるために

きっと20年という年月が必要で
やっと言えた気がします。



だから、いいのです。
よく言えた、自分!


・・・高校生の自分はね。



喧嘩後にはもれなく、どんよりとした関係が続きます。


修復は、大人の自分の役目です。
人生の責任を取る

それこそ大人、大人女子なのです(エヘン)



これでいいのだ


シモン☆ヒプノセラピー

| 雑記 | 23:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無くなっても無くならない何か。

ヒプノコラム「№20  亡くなった方との対話」更新しました

この時期になると、
亡くなった下の娘を思い出します。

もう10年以上前になるし
生まれて1ヶ月くらいしかこの世にいなかったし
保育器の中で育ったから全然抱けていないのだけど

突如、キュ~ッと胸を締め付けます。

湿度や雨の匂いが
私の古い悲しみを呼び起こすのかもしれません。

喪失に対して癒しのプロセスには
段階があるといわれます

・否定
・怒り
・取引
・抑うつ
・受容

順番に進むとは限らないし、期間だって人それぞれ
急上昇して、奈落の底に落ちたりする

様々な感情と行動が伴い、
時間が癒すというものでもないかもしれないが


人はいつかその経験を包み込んで

無くなるということを知り、
実は何も無くさないことを知るのかもしれませんね。



悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)
(2004/12/10)
マイケル・ローゼン

商品詳細を見る



シモン☆ヒプノセラピー


| 雑記 | 00:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトセージ販売始めました!

体験談その64「人間として生まれる意味」UPしました

2013061521360000.jpg
アメリカよりホワイトセージが届きました


2013061518040000.jpg
せっせと小分けしまして、やっと協会で販売できるようになりましたよ

写真ではわかりづらいかもしれませんが
結構たくさん入っています。

お得です。
入れすぎちゃったかもしれませんが
それがO型の私。


どこで買ったらいいかわからない方にも
どれがいいか判らない方にも

安心してお使いいただける
太陽の恩恵をいっぱい浴びた
自生している「ワイルドプランツ」で
無農薬のものです。

エネルギーたっぷりで香りも強くて
いい感じでございます。

ご希望の方はサロンで販売しているのでぜひ☆


シモン☆ヒプノセラピー

| 雑記 | 18:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インナーチャイルドの自助グループ

 ヒプノコラム「№19  高次元の存在「空」」UPしました

さて、昨日はインナーチャイルドの自助グループを開催しました。
これから毎月第3木曜に定期開催していきます


2013061312220000.jpg
いい感じでしょ。ゴロンとやります


14時から参加者お1人、セラピスト私1人
19時から参加者様お1人、セラピスト2人


少人数で、ふか~~~い癒しとなりましたよ。



「今日で人生変わった気がします!」
と参加者様

ずっと歯を食いしばって固まったままだったの3歳のころの自分と
いっぱい遊んで、駄菓子屋さんで飴ちゃん買って

やっと仲良くなって、
ひとつになっていらっしゃいました。


うれしいですね~。

インナーチャイルドを癒すと
ワンダーチャイルドといって
何でもできる好奇心のある自分が出てきます


変わるかどうかは、その方次第。

自分の人生を自分で生きると決めたから
変化のときだったのでしょうね。



「よく我慢してたね
 もう、みんなのことほっといて
 自分の人生を歩んでいいんだよ」

もう、歩みは始まっていますね



来月は、7/18 14時~・19時~
(ドタ参加もOKです)


ありがとうございました


シモン☆ヒプノセラピー

| 未分類 | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実るほど、頭を垂れる

体験談その63「男性性とは」UPしました~

2013060812550000.jpg
セッションルームにおじぎ草登場です。

2013060812550001.jpg
触ったり電気を消すと一気にこんな感じ


「驕らず、おじぎの気持ちで」と自分への戒めの意味で買いましたが


何だかしょんぼり?

orz?


_| ̄|○


・・・


ちゃんと再生します。


下がる時があっても、ちゃんとまた元通り♪


そうそ。
そんな時もあっていいのだ!



シモン☆ヒプノセラピー

| セッション体験談集 | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やることがあること

体験談その62「やることのない人生」UPしました

さてさて、いろいろ作業していたら
まだ丸の内のサロンにいます。

あかんあかん、
明日の娘のお弁当のおかずも買いに行かなきゃだ。


さてわたしのサラリーマン両立生活も
あとわずか。
(ちょっとしか行ってなかったけどね)

足かせだと思っていたその日々も
実は守られていて、安心感をいつも受け取っていました。

今とても寂しく、離れることに孤独を感じます。

自分の足で立つことにずっとずっと憧れて
やっとここにいられるのに
自分で望んだ道なのに

いざそうなると、
なんて孤独で不安なんだろうと感じます。
しばらく揺れながら、身を任せていこうと思っています。

そう、きっと船に乗っているからの揺れ。
漕ぎ出したばかりだから
まだ沖だからこんなに揺れているだけ

豪華客船でないけど
でも、手漕ぎボートではない

ちゃんと安定しどっしりとした形状の
真新しい船

旅はまだ始まったばかり
その航海で何を得て
どこにたどり着くのだろう?


まだ始まったばかりです



ありがとうございました

シモン☆ヒプノセラピー

| 雑記 | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |