FC2ブログ

名古屋・丸の内駅から徒歩5分 シモンヒプノセラピー 紫紋 かつえのブログへようこそ

前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・感情解放・苦手克服(あがり症・対人不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)・・・

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

 セラピスト紹介

● 紫紋 かつ恵(しもん かつえ)


 
  愛知県在住・40代

  米国催眠療法協会(ABH)認定 ヒプノセラピスト
  米国催眠士協会(NGH)認定 ヒプノセラピスト
  米国催眠士協会(NGH)認定 インストラクター
  米国アルケミー催眠協会認定ソマティックヒーリング初級セラピスト
  米国アルケミー催眠協会認定ソマティックヒーリング上級セラピスト
  和のやすらぎ枝 前世療法プロコース 修了
  和のやすらぎ枝 年齢退行療法プロコース 修了
  日本医療催眠学会・催眠による痛みのコントロールセミナー受講
  ワイス・インスティチュート (前世療法) 修了   
  日本医療催眠学会 正会員

  2015年第3回 日本医療催眠学会 学術大会にて
   「潜在意識下での死の経験による意識の転換」発表
    (東京大学本郷キャンパスにて開催)
     
  「生きづらさを解消するイメージセラピーCDブック」(同文館出版)
      にて2015年8月商業出版 全国大手書店にて発売中



ヒプノ画像



● ヒプノセラピストになった理由

当サロンのブログ・ホームページをご訪問頂き、ありがとうございます。

ここでは私がなぜヒプノセラピストになったのかをお伝えします。


ヒプノセラピーとは、潜在意識にダイレクトに繋がるツール
催眠を使った心理療法です。

癒しは深く、現実での変化が早く
スピリチュアルな要素も兼ね備えた
不思議で素晴らしい手法です。


わたし自身が、長く心の対処に苦しみ
とんでもない人生を歩んできましたが

ヒプノセラピーによって変化しました。


その後「今世の使命」と確信する出来事に直面し  
セラピストをさせて頂いています。


私の変化をお伝えすることが
何かあなたのお役に立てればと

恥ずかしいのですが、ココでは私の事を書いていきますね。

  
長くなりますし、ちょっと重い話になりますが

想いをこめてお伝えしたいので
お時間あれば、ぜひお付き合い頂ければと思いますm(__)m



■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
 

私は、1971年愛知県一宮生まれ。
自営業を営む両親の元、3人兄弟の末っ子として生まれました。


誕生時は、高度経済成長期。
当時、家業は忙しく、両親・祖父母ともに仕事優先

父や祖父母は血のつながっていない家族でもあり
いびつな感情でバランスを取った機能不全家族でした。

それを見て育った私は
甘えることも無く、あまり自分の気持ちを話さない子として育ちました。


 CE196_L.jpg


私は子どもの頃から
なぜか「罪悪感」をずっと感じていました。 

 
子どもの頃って、誰しも自分の感覚が全て。
私は当たり前のように「自分は悪い人だ」と思っていました。


その信念は、まわりに「お前が悪い」という人を創り出します。
当然のように学校や苛められ、無視をされ


でも反論することもなく、いつも身を隠していた
そんな子でした。


感情も、体も、隠れようとしていると、
本当に忘れてしまうようで
中学生以下の記憶を忘れて大人になりました。


 CE198_L.jpg


社会人になっても自己否定感は強く

感情はまるでジェットコースター
ワーカホリックのように仕事にのめりこんだり
好きになった人に過度に依存したり


随分、生きづらい人生を歩んできました。


自分が大嫌い
自分が何ものなのか、さっぱり判らない・・



そんな時に出会った男性と結婚・出産。

全然働かない人だったため、パートや内職に励むも
無理がたたり、次女を早産で出産、誕生死。


その後、前夫は刑事事件を犯し、捕まりました。


被害者への謝罪、賠償は全て私。

面会や裁判にあけくれながら

彼はかわいそうな人、助けなきゃ、支えなきゃ…

報われない努力を重ねて頑張っていた私は、
完全な「共依存」でした。

  
この頃が一番大変だったかもしれません。
死ぬことばかり考えていました。


次女を亡くした私には  
死の世界のほうが「リアル」でした。

長女がいてくれたお陰で・・
  
長女の生活の世話をすることだけで生きている
といったニュアンスが近いです。

底なし沼に沈みながら、
ただ目の前の事だけをこなす日々が、3年程・・


すったもんだで離婚したのは、娘が小学校入学手前。
ようやく落ち着いた時間を手にしました。


夜になると不安で眠れない・・
悩みや苦しみの答えを得ようと、いつも本を読んでいました。



 ikigai.png

その時出会った飯田史彦氏の「生きがいの創造」で

前世療法を知りました。
  
泣きながら、一気に読みました。



そして、なぜか「私はこれになる」と思いました。

やるぞ、というよりも「なるんだ」という自然な思い。

日常巻き起こっている波乱とは関係のない、心の奥からの声でした。


しかし、今だごちゃごちゃした人生は続き
どうせ私は・・の自己否定が強く

お金にも生活にも精一杯の貧乏な日々。


実際、はじめての前世療法を受けるまでに

なんと、8年もかかりました。


 CE180_L.jpg


初めてセッションを受けた時に
ドイツの軍人(強制収容所の所長)の過去世を思い出しました⇒ 「罪悪感の原因


罪悪感の理由がわかりました。



そして、生まれ変わった意味を知りました。

前世での出来事があったのなら、

今世は「多くの命を救う・輝かせる」 が
絶対的な使命であると確信し…

ヒプノセラピストになることを決めました。


 その間も、ブラック会社に就職していじめにあったり
2度目の離婚が成立したりといろいろあったのですが・・



※経験した様々な出来事・トラブルは
決して被害者として受けていたわけではなく、
私自身が巻き起こしてきた事でもあります。

人のお気持ちを理解する上での貴重な糧となっていて
今では出会った人、経験全てが感謝であるっておもっています。


そこからヒプノの学びをはじめ、深め、今に至ります。


その途中、様々な前世を知り、
インナーチャイルドを癒し
忘れた過去を取り戻すとともに、とても生き易くなりました。

  
  ローマ遺跡



ヒプノセラピストになっての最初のクライアントさんは
ドイツ人の前世での関わりのある人でした。  

その彼女が教えてくれたのは
「もうあなたは許されていますよ」でした。

人生の奥深さ、魂の生まれ変わりの意味、宇宙の慈愛を知りました。





その後も、私がセラピストとして転機を迎えるとき
宇宙はいつも私を見守っていて、

いつもベストタイミングでとても不思議なメッセージや啓示をくれました。

・会社を辞めてヒプノセラピスト一本で仕事をすると決めた時に
3人のクライアントさんから「進みなさい」とメッセージが下りたり

・あるセッションでクライアントがチャネリング状態になり
パラレルな世界のこと、私の今の状況、今後を教えてくれたり・・。



 PHM09_0493.jpg



ヒプノとは素晴らしい心理療法です。

催眠とは「自己催眠」であるとおり、
自分の中にある癒しのチカラによって自らを癒します。


そのチカラに触れたとき、人は
自分の中にある、無限の可能性に気付きます。

被害者や加害者の幻想を棄て、自分主体の人生を歩み始めます。


自分主体のもと「誰も悪くなかったのだ」と気づく時
長く抱えた苦しみから解放されます。


今を大切に、周りとの関わりを大切に、
本来の自分の人生を生きられるるようになります。


魂が輝く生き方です。



 CK052_Lmini.jpg


日々、クライアントさんの抱える深い哀しみに触れています。

様々な人生に、経験に、
どんな意味があり今世の経験しているのだろうと思いを馳せます。

しかし、全てを受けいれ歩む姿に、立ち上がる姿に
出会い人間の尊さに驚くばかりです。


ぜひあなたらしさを取り戻すために、
一度受けてみませんか?





追記です


● ドイツ人の所長の前世に関して


2014年の夏に出会ったリバーサイドメンタルクリニックの 精神科医 鈴木あいさん

罪悪感を手放すということー強制収容所の所長と収容されていたユダヤ人男性との世紀を越えた対話
 ブログにて、私との対話を10話に渡ってご紹介いただきました。

 始めに 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話


あいさんの医師としての考察も載せられていて
前世療法の効果を知るためにも充分に価値のある資料となっていますので
ぜひ一度読んでみてくださいね





    20140609k(84)syousaizu.jpg


 シモン☆ヒプノセラピー 紫紋かつ恵





● 私のセッション体験談 


 その26  「愛情の扉を開く③女性割礼を受けたアフリカ人の前世
 その25  「愛情の扉を開く②吉原遊郭の遊女と・一目ぼれした若旦那の前世
 その24  「愛情の扉を開く①花屋の前世
 その23  「心の穴
 その22  「リトアニアの湖
 その21  「愛情深くありなさい
 その20  「あがり症の克服③」
 その19  「運命の車輪
 その18  「あがり症の理由(過去世)
 その17  「インナーチャイルドに会いに行く
 その16  「南北戦争時代の記憶
 その15  「受け取るという事
 その14  「夢が叶うことへの怖れ
 その13  「人前で話すことが苦手な理由
 その12  「とらわれない
 その11  「中学時代の私を癒す
 その10  「私の今世での役目
 その9   「ゆるすということ
 その8   「人生という石の設計士
 その7   「幸せな人生から得たもの
 その6   「初めてのハイヤーセルフ
 その5   「作家の時の過去世
 その4   「原発問題にざわざわする理由
 その3   「メッセージを伝える意味
 その2   「小学3年生の私を癒す
 その1   「罪悪感の原因



● シモン☆ヒプノセラピー名前の由来 

「シモン」とは

 キリストが最後に処刑されるゴルゴタの丘まで
 途中キリストに代わり十字架を担がされたという、

  キレネ人「シモン」の名前からいただきました。

 私の過去の苦難(からは程遠いけれど)から深く学び
 それこそが、人生の本質に気づかせていただいたという経験に

 キレネ人シモンの人生と合わせ
 敬意を表し、いつまでも心に留め、忘れないよう、

 名前をいただきました。

  katsue2_R1.jpg



● ごあいさつ 

 私はヒプノが大好きな、自称ヒプノバカです。
 ヒプノは様々な可能性を秘めた、癒し効果が高いセラピーです。
  
 これからますます誤解が解け 素晴らしさが伝わって行き
 身近なものとなっていくことでしょう。

 そんな中、セラピストとして道を歩んでいることに
 深い喜びを感じています。

 あなたがこのページを見ているときがベストタイミングです。
 ぜひ一度、前世と癒しの世界を感じてみませんか?

  IMG_0575_R1.jpg



シモン☆ヒプノセラピー

営 業 : 不定休(完全予約制) / ご予約は⇒コチラへ 
住 所 : 名古屋市中区丸の内1-11-2 リーヴァストゥーディオ丸の内701号

● メールマガジンご登録⇒ 魂の癒し~ヒプノセラピー事例集~
● ホームページはこちらです⇒ シモン☆ヒプノセラピー

ご予約・お問合せはお気軽にどうぞ 090-1725-5587  しもん

| セラピスト紹介 | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |